忍者ブログ
東海近辺のライフログ。
金曜日の夜は久しぶりに夫婦で外食。目指していた中華に振られ、インドネパール料理店『ナマステ』へ。

オクラマサラカレーに惹かれて注文したが、なかなか美味しかった。トマトの酸味とオクラの粘度が意外なハーモニー。ええやんか!


チーズナンも重くなく、甘くて辛口カレーと相性よし。タンドリーで作るチキン系はインド系のお店らしくパサパサだったけど。

お店の向かいにある『北京菜館』というボロっちい大衆中華料理店が激しく気になったけど、夫婦で行くのははばかられたので、いずれ一人で尋ねてみよう。

名古屋で映画見た際に、インドネシア料理店『ブランバリ』@新栄でランチした。

なんかよくわからないが定番を避けてナシチャジャムールを注文。鶏肉と野菜が入った豆腐ときくらげの生姜風味甘酢あん。

味は中華料理のぶっかけ飯系で、どうということはなく。

嫁っ子はナシゴレン。

ナシゴレンって注文する前は期待感が高いのに実際に食べると、「ああ、まあこんなもんだよな」と感じるオムライス的な料理だよね。要はナンプラーの聞いた卵付き炒飯だもんな。

インドネシアのお店で言えば、鈴鹿にある『スカスカ』という店が良かった。
あそこで食べたマルタバは最高だったな。

インドネシア流ラーメンも面白かったし。

また行きたいわ。
前から見たかった映画『パガニーニ』を見てきた。

もともとパガニーニは好きだったし、パガニーニ役がバイオリニストのデビッド・ギャレットだったので、そこそこ期待して行った。

当然なんだけど、ギャレットの演奏見るだけでも価値ある映画だった。

映画の中の演奏曲はどれも良かったが、「io ti penso amore」は特に耳に残った。


映画自体はもうちょっとパガニーニに狂気じみた面があると良いとも思ったが、そういうダークサイドは彼のマネージャー役のウルバーニがひきうけた感じ。

今年は『グランド・ブタペスト・ホテル』をはじめとして結構当たり映画が見れてるかも。

クラシック好きならパガニーニお勧めですよ。
お盆に入ったので、どこか日帰りで遠出しようということで郡上八幡に行ってきた。

遠いイメージあったけど、愛知県住みにとっては1時間ちょっとで行ける場所なのね。近い近い。

あいにくの雨だったけど、古い街並みをそぞろ歩きするのは楽しかった。知らないうちに郡上八幡は食品サンプルの街として売り出してたけど、どこにニーズがあるんだろ。お店には結構な人だかりができてて意外な感じがしたんだが。

お昼は郡上八幡で美味いという蕎麦屋で。
ハイシーズンなので結構な時間並んだけど、なかなか美味しいお店だった。効率的な接客を求めるのは酷な話だけど、この日はそんなに急いでもいなかったのでのんびりしたランチになった。

食後は甘いもの食ったりして。

お城にも行きましたよ。
白壁に蛾の卵が大量に産み付けられていてドン引きしたけど、司馬遼太郎が山城としての美しさは日本一というだけあって周囲の景観とあいまって威風堂々とした立派な城だった。規模は大きくないんだけど。


帰路に着く前に那比新宮神社に寄ったんだが、ここで嫁さんがヒルに潜り込まれるという事件が発生。


不思議というか不気味な感じのする古刹だとは思ったが、まさかヒルがいるとは…。郡上八幡恐るべし。
携帯水没させたりしてて、携帯が使えずブログも随分ご無沙汰してしまった。FacebookもTwitterもほとんどやらなくなってしまったので、生活スタイルの変化に影響されてるんだろうけど、昔ほど何かを発信したい欲が減ってるのは否めない。

そんな中でもブログは大切にしたいんだけど、やってることは結局ラーメン食った報告ぐらいなんだよな…。

まあ、今回もそうなんだけどw

今いるところには普段使いのラーメン屋があまりなくて、消去法で行った「ラーメンショップ」にハマっている。全国にチェーンのある店だが、今まで胡散臭そうで敬遠してた。だって絶対にうまくなさそうだし、名前からしてダサイし。

ぶっちゃけ他に行くところがなく入ったのだが、意外にもジャンキーで化学調味料ふんだんに使った味は悪くなかった。中でもウリのネギラーメンはいい。

訪れてみると、つけ麺とか現在進行形の流行ラーメン店よりもこういう店の方が自分の好みであることに気づいた。


食わず嫌いなだけだったか。味に妙な中毒性があるので、辺鄙なところにあるくせに店も繁盛してる。田舎にしては通し営業してるのもありがたい。



以前までは台湾まぜそばってさほど好きでもなかったんだけど、地元の本丸亭で出してる台湾まぜそばは、なぜか中毒性がある…(・ω・)


ここにさらに辣油と辛子味噌、高菜を入れてウマウマ。今の仕事柄かガッツリ系を体が求めてるような…?
Calendar
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile
HN:
たいちょ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
元『kamipro』編集部員。現在は東京を脱出して三重県在住。フリーライター、通翻訳業は継続中。
latest comment
[07/09 匿名]
[07/01 たいちょ]
[06/26 王子]
[06/21 たいちょ]
[06/21 はな]
tumblr
TwitPic
flickr

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.


Archive
Search
BGM

Copyright (C) Yoshiyuki Okawa All Rights Reserved. 
忍者ブログ [PR]