忍者ブログ
東海近辺のライフログ。
自転車通勤しているのだが、最近よくパンクするのだ。

朝からパンクすると超テンションが下がる。最近では会社の駐車場に止めていて、夜に乗って帰ろうとするとすでにパンクしていたりすることもあり、「知らないうちに誰かに恨まれていて、針で刺されているんじゃないか」とか「自転車屋が儲けようとして夜な夜な針を持ってパンクさせて歩いているに違いない」とか妄想して疑心暗鬼になることもある。いや、ホント。続くとそこまで思ったりするもんなんですよ。
IMG_3280.jpg

本日は排水溝のわずかな隙間をよけられず、後輪が段差の衝撃をモロに食らってしまったので即パンクとなった。破裂系パンクだろう。以前、かなりうまい自転車乗りの後ろをしばらく走っていたことがあったが、彼は走りながら道路の状態を観察しながらこまめに危険を回避しながら漕いでいた。自分はいつも自転車に乗る時、段差やマンホールなどの障害物には機をつけてはいるものの、細かいことは気にせず走っていたので、かなり関心させられた。

パンクする原因には、老朽化しているブレーキ回りの影響もあるようだが、毎日ルーティンとして自転車に乗っていると、そこまで路に気を使って乗ることもないのも理由の一つだろう。パンクするといつも「なんでやろな~」と思うが、ちょっと考えるとそこには人生のメタファーが隠されている気がする。

そこからオレは「人生は自転車に乗るようなもの」と妄想し、そこから人生訓的なメタファーを思いついた。
以下、オレの自転車と人生の妄想メタファー。

・逆風の時は漕いでも漕いでも前に進まない。たとえ下り坂でも。
・調子よく進んでいても信号を守らなければケガをする。
・長い道のり、パンクの一つや二つは絶対に起こるもの。
・車に頼らず敢えて自分の足で進めば、過ぎた路への思いも深くなる。
・歩きよりも急ごうとしてパンク。機能の高いものが常に速いわけではない。
・一人で無人の野を進むより、誰かの後を走るほうが安全かつ落ち着いて進める。

こういう視点からブレインストーミングして、なんか本にできないかな。自転車を主題にした本ってけっこうあるけど……。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Calendar
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Profile
HN:
たいちょ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
元『kamipro』編集部員。現在は東京を脱出して三重県在住。フリーライター、通翻訳業は継続中。
latest comment
[07/09 匿名]
[07/01 たいちょ]
[06/26 王子]
[06/21 たいちょ]
[06/21 はな]
tumblr
TwitPic
flickr

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.


Archive
Search
BGM

Copyright (C) Yoshiyuki Okawa All Rights Reserved. 
忍者ブログ [PR]