忍者ブログ
東海近辺のライフログ。
メシのことも書いておこう。
赤目四十八滝では、途中の休憩所で地元のご当地グルメ「牛汁」を頼んだ。本当はもう少し豪華なものらしいのだけど、車も入ってこれない茶屋での提供なので、シンプルな一杯だった。
IMG_6970.jpg
スープは塩味と牛肉の出汁が基本で、生姜をしっかり効かせてあるのが特徴。すすっていると体がポカポカしてきた。伊賀牛を使うのが基本なのらしいが、固く煮られてあったので正直あまりおいしいとは思わなかった。IMG_7036.jpg機会があればちゃんとしたところで食べてみたい。牛肉以外の具材としては白子が少し。小腹を満たすにはいい間食だった。

赤目四十八滝は2時間半ほど歩いて駐車場に戻り、ススキがきれいなことで有名な曽爾高原へ向かう。

この辺りは火山群があるらしく、山も面白い形のものがあって興味深い。中でも途中で見た鎧岳は奇っ怪な形をしていて目を引いた。バッと見、韓国の馬耳山ぽい感じもした。後で調べてみると、鎧岳の近くには兜岳と言う山もアリ、関西の山好きにはけっこう有名な場所だったようだ。

赤目四十八滝と曽爾高原は距離的に近いのに、間には山があるため、道路は迂回気味。結局1時間ぐらいかかってしまった。
IMG_7039.jpg
ランチは高原近くで。地元の物が食べたかったので、ボタン鍋定食のあったお店に入った。ボタン鍋ということは猪の肉なのだが、噛み応えのある肉質とうまみが強いのが印象的。朝からしっかり歩いていたので、ペロリと平らげてしまった。
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
たいちょ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
元『kamipro』編集部員。現在は東京を脱出して三重県在住。フリーライター、通翻訳業は継続中。
latest comment
[07/09 匿名]
[07/01 たいちょ]
[06/26 王子]
[06/21 たいちょ]
[06/21 はな]
tumblr
TwitPic
flickr

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.


Archive
Search
BGM

Copyright (C) Yoshiyuki Okawa All Rights Reserved. 
忍者ブログ [PR]